FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ビブリア古書堂

普通の記事の更新はこのあと。

というわけで今回はこちら。



画像はAmazonさんより

著者:三上延
題名:ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~

本屋大賞文庫初ノミネートという帯を見て購入した本です。

つーかこれ3巻が6月に発売予定らしいですね。
これ1冊で終わりだと思ってました。
ちなみに続刊の購入予定はありませんw

古書堂という言葉がタイトルにあるとおり落ち着いた雰囲気の話になっています。
個人的には第2話が好き。
ミステリではないけど考察ものという感じで、ミステリのように殺人とかはおきません。
あくまで事象に対して考察をしている話です。
そのせいかいまいち煮え切らない部分もあったと思います。

まあ悲鳴伝よりかはすっきりとした話だったと思います。
話より人柄を見るべきなのかなあ、と思います。
なんだかんだで主人公、店主、男爵以外はみんな好きなんですよね。
2話が好きって言ったけど、3話に出てくる奥さんが1番好きかな。

ちなみにこの作者の方は電撃文庫で「ダークバイオレッツ」というシリーズを書いています。
異能バトルものでそちらのほうが私の好みです。
しかし、3巻まで図書館で借りて読んだので今更買う気が起きないという状態。
次に読む本はもう決まってるので別にいいのですけども。

ではー

スポンサーサイト

2012/05/31 21:02 | 漫画・小説COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。